令和2年度 執行部 就任のご挨拶

親和全期会会員各位
親和全期会賛助会員各位

就任のご挨拶 ~楽しい親和全期会 楽しい弁護士業務を~

謹啓 陽春の候、皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、私ども23名は、先般の令和元年度親和全期会年度末総会において、令和2年度の執行部としてご選任いただき、4月1日から1年間、親和全期会の運営に携わらせていただくこととなりました。

法曹人口の急激な増加により、依然として我々弁護士を取り巻く環境に変化やひずみが生じている中、最近は法曹に対する人気が無くなり、法学部志望者も減っているという暗い話題が散見されます。また、弁護士になった後も、目の前の弁護士業務に追われ、弁護士会の会務活動や会派の活動からは足が遠退いてしまっている会員の皆様も多数いらっしゃると思います。そのような中で、司法修習終了15年目までの若手・中堅弁護士の団体であり約1000名もの会員で構成される親和全期会に対する期待は益々高まっていると実感しております。

令和3年には、親和全期会は創立40周年を迎えます。その記念すべき年の前に、令和2年度の執行部としましては、最近、足が遠退いていらっしゃる会員の皆様にも、「最近は自分の業務に追われるだけの日々だったけど、親和全期の企画・活動に参加してよかったな」、「弁護士になったからこそ、こんなことができてよかったな」と思っていただけるような企画・活動を提供できるように尽力いたします。また、前年度以前に引き続き、東京弁護士会・日本弁護士連合会における議論状況を会員の皆様に的確にお知らせすることにより、少しでも、会員の皆様の業務にもつながるような活動、親和全期会だからこそできたといえるような活動をみんなで創り上げていきたいと考えております。そのためにも、会員相互、または他会派の会員との繋がりをより一層深める各種懇親企画や、会員自身が研鑚を深める企画、法律相談・出版などの業務拡充に繋がる企画も充実させていきたいと考えております。そして、これらの情報が会員の皆様にいきわたるように会員サイトのさらなる充実、広告宣伝方法の見直しなどを積極的に行っていきたいと思います。

自分の弁護士業務が楽しくなければ経済的基盤も充実しないでしょうし、また、経済的基盤が充実しなければ親和全期会の活動はもとより、弁護士会の活動に参加しようという意欲が湧かないと思います。また、親和全期会の活動が楽しく、自分の弁護士業務への活力につながれば、相互に好影響を及ぼしあい、自分の弁護士業務も充実し、また、親和全期会も益々発展し、ひいては弁護士会全体の発展に繋がると考えております。

そこで、今年度執行部が掲げる今年一年のモットーは「楽しい親和全期会 楽しい弁護士業務を」とさせていただき、一人でも多くの会員の皆様にご参加いただけるよう、私ども執行部一同で真摯に取り組んでいきたいと思っておりますので、今後とも、格別のご協力並びにご指導、ご鞭撻をいただきますようお願い申し上げますと共に、現時点ではコロナウイルスの影響により、研修や企画を実行することが叶わない状況ではございますが、この状況が改善した暁には一人でも多くの会員の皆様のご参加をお願い申し上げます。

まずは略儀ながら、書中をもちまして就任のご挨拶とさせていただきます。

謹白

令和2年4月吉日

令和2年度 親和全期会 執行部

代表幹事        大塚  康貴
副代表幹事       吉岡   剛
常任幹事(事務局長)  今井  智一
同           山岸  泰洋
同           飯塚  順子
同           後藤  建夫
同           西村   健
同           鈴木  信作
同           堀内 ゆか里
同           三井   拓
同           宮田  洋志
同           小寺  悠介

常任幹事        棚橋  桂介
同           今枝  利光
同           清藤  仁啓
同           塩津  博伸
同           塔下  遥介
同           張崎  悦子
同           外山  大地
同           上村  香織
同           武藤   敬
同           遠藤 かえで
同           大西  晶子